世界には、戦争や貧困のために義務教育である小学校にも行けない子どもたちが半数以上います。

ラオスは世界屈指の最貧国といわれています。

国民一人あたりのGDP(国内総生産)が日本の100分の1という経済状態のラオスでは教育の状態は深刻です。

世界屈指の最貧国、ラオスの子どもたちが教育の機会に恵まれない原因の一つに

校舎の量的不足・質的劣悪さがあげられます。

ラオスでは、約5,000もの学校が不足しており、学校にいきたくても学校がないのが現実です。

また施設も十分ではなく、屋根や壁や床がない学校も珍しくなく、しかも数が不足しています。

ほとんどの校舎は机や椅子などは竹を使ったり、木材の端材を使用したりしている所が多く

子どもたちはノートを取るのも大変で、大雨や強風のため校舎が壊れて授業を受けられなかったり

子どもたちが怪我をすることさえあります。

鉄筋コンクリート造りの学校は、全体のわずか6%に過ぎません。

ほとんどの学校には、黒板も水道もトイレもありません。

手に入る読み物も不足しています。

それでもラオスの子どもたちは、校舎、机・いすなど基本的な設備が不足する中、熱心に勉強しています。

現状ラオスは教室、教科書、教育的資源、教師、図書室など、すべてが不足しており初等教育における

大きな障害となっているため約6割が1,2年しか通えない不完全学校です。

しかし、この問題はきちんとした学校を建設すれば、

その近隣に住む子どもたちが集まってきても席を確保することが出来ます。

寄宿舎と併設にすることができれば、隣の村の子も、その隣の村の子もこの学校に通うことができます。

「国の繁栄の基礎は教育から」というラオス政府の考えに呼応し、「ラオス学園プロジェクト」を行っています。

今回、法人として申請するに至ったのは、任意団体として実践してきた募金活動を継続的に推進する

活動を広げていく、関連団体との連携を深めていく必要があることなどの観点から、

社会的に認められた公的な組織にしていくことが最良の策と考えたからです。

また、貧国では教育環境が不足しているとう現状を知ってもらい、

当団体の活動が営利目的ではなく、多くの方々に参加していただくことが不可欠であるという点から、

特定非営利活動法人格を取得するのが最適であると考えました。

法人化することによって、組織を発展・確立することができ、将来的に世界各国の学校不足の貧国に学校を建設することで

世界のこどもたちの夢を手助けすることができると確信してます。

きっかけは、生まれも育ちも日本なのに、国籍がラオスの『ペンポン・サワディ』との出逢いでした。

〜ペンポン・サワディ 国籍:ラオス〜

ラオスは、1975年から20年以上もの内戦で200万人が難民となり、

ペンポン君の両親も難民として1985年に日本へ移り住んだ。

日本で産まれたペンポン君は、1歳の時に親が離婚、中学校卒業まで施設に預けられ親の愛情も知らずに育った…。

『親に育てられず、ずっと一人でやってきた…人間関係が大事とか、お金だけじゃないって事は腑に落ちない…』と、

当時の彼は19歳。彼の実家は「貸し倉庫」…。

親に感謝する事が理解できず『お金を稼ぎたい!』ただそれだけしか思えない人生を送っていた…。

そんな彼が19歳で飛び込んだ世界が大阪の某ホストクラブ。

そこで出会ったオーナーに人生の転機を与えられ、自分を大切にしてくれる『家族』がラオスいるという事を知る。

その後、ペンポン君は施設で育ててもらった感謝の気持ちを次は母国ラオスに…という思いが芽生える。

「貧しい子どもたちのために、母国ラオスに学校を建てるぞ…」と。

2011年、テレビ番組「ザ・ノンフィクション」

★〜ホストの前に人間やろ-ラオスのおばあちゃん〜★で放送されました。

5年間ホストクラブで働き、色々な体験・経験をした後、引退。

引退後は飲食店や営業職で生計を立てながら、ラオスの学校建設を目標に掛け持ちのアルバイト。

そんな中、オクマン株式会社の外交員募集で面接に行ったのがきっかけでイチリ氏と出逢う。

『稼ぎたい!』というペンポン君にイチリ氏は「何故稼ぎたいのか?」を問い

『ラオスに学校を建てたい!!!』という具体的な目標を持ってる彼に心打たれた。

もともとラオスの子どもたちに支援活動していたイチリ氏の将来的な目標とマッチした事も手伝い意気投合。

♪♪♪ラオスに学校を建てよう!という仲間を集めよう!♪♪♪

12名の代表理事でこのプロジェクトを立ち上げました!!!

ラオスに学校建設だけでなく運動会など、
ラオスの子どもたちや老若男女問わない様々な方々に楽しんでもらえる企画も計画中!!!

ペンポン・サワディのドキュメンタリー番組動画

宮崎あおい ナレーションのドキュメンタリー番組!
ペンポン・サワディの波乱人生を追いました。
愛を知らずに育った彼の人生は…!?

寄付金につきましては一口 1,000円から何口でもご寄付いただけます。

みなさまからの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

銀行からのお振り込み

ゆうちょ銀行  店名:四一八  店番:418

預金種目:普通預金  口座番号:45543161

名前:トクヒ)ペンポングループ

郵便局からのお振り込み

記号:14110  番号:45543161

名前:トクヒ)ペンポングループ

お申込み・お問い合わせ

特定非営利活動法人

ペンポングループ

〒541-0056

大阪市中央区久太郎町4-2-15 和信御堂ビル6階

TEL:06-7177-7808 FAX:06-7635-8768

受付直通窓口:友利 裕哉 TEL:090-2387-2665